>TOP     >ABOUT TELUNASCOAPE    >DISCOGRAPHY     >NOVEL(工事中)     >LINK     >BLOG(工事中)  

作品概要

Savior's Seeds U jacket  説明

TLSC-07003   頒布価格 \300   2011/10/30 M3-2011秋より頒布開始

※オリジナルストーリーをアニメやゲームに見立ててサントラ風に仕上げた音楽CDとなっております。
 オーディオドラマではございません。ご注意ください。

イントロダクション

高位転移魔法の光の中から現れた少年リヒトは、名前以外のすべてを忘れていた。
偶然彼を保護したロメオ、ベルヴァの二人は近隣の都市の騎士団へと彼を預ける。
だが、「大事ななにかを思い出さなきゃいけない気がする」と同行を望むリヒトを連れ、3人での旅が始まった。

新たにサイドカーを取り付けたロメオのバイクで、彼らは草原の道を疾駆する。

しかしリヒトの心は複雑な気持ちで満たされていた。

何一つ記憶がない自分。
一個人で使われることのまず無い高位転移魔法で現れたということ。
自分は何者なのか。なぜここにいるのか。
何一つわからない。

でも、そんな時―

誰かの歌が聞こえた、ような気がした。

耳を澄ましてみるけれど、もう聞こえてこない。
寂しさのようなものがこみ上げてきた。しかしそこに。

「風は世界中のどこにだって吹いてる。だから風はなんだって知ってるんだぜ。」
語りかけるベルヴァ。
「何か聞こえたのか?」
「…はい。歌のような声が、遠くから聞こえた気がして…。」
その先を紡ぐロメオ。
「だとしたら、リヒトを知っている誰かがお前を思って歌っているのかもな。」
優しい声音だった。
それはきっと単なる励ましの言葉だと分かっている。
だけど素直に二人の心遣いが嬉しくて、心がほんの少し晴れていく。

すると突如ベルヴァがバイク走行中にも関わらず、後部座席の上に立ち上がった。
危ないとロメオが抗議するも、彼は飄々と受け流す。

「リヒト!お前もやってみろよ!きもちいーぞー!!」

当然ロメオは止めたが、リヒトはベルヴァの楽しそうな顔を見て、思わず立ち上がっていた。

そこは、さっきまでとは違う世界だった。

どこまでも続くように見える、地平線に続く一本道。
その左右で風になびく新緑の草原は、海のようにさわさわと波打っている。
視線を上げれば、たなびく雲はひと足先に彼らと同じく東に向かって流れていく。
吹き付ける風は少し強いけれど、肌を涼しく滑り心地がよかった。

美しい景色を遠ざけていた陰鬱とした気持ちはどこかに吹き飛んでいった。
この世界をもっともっと知りたいとリヒトは思った。
そして、失くした自分の記憶も必ず取り戻そう。そう誓った。

こんな弱い自分だ。きっと辛いこと、悲しいことがあるだろう。
でも負けるわけにはいかない。
わがままを聞いてくれた優しい二人にもいつかこの借りを返したい。

そして心にわだかまる、忘れている何か大事なこと。
聞こえた気がしたあの歌声。

その答えを探しにリヒトの、そしてロメオ、ベルヴァの旅が始まる。

キャラクター


リヒト=
アインウントツヴァンツィヒヌル
リヒト
記憶喪失だったが、アンスと遭遇したことで全て思い出す。 捨て子で孤児院で暮らし、その後魔術の才能を見出され世界最高峰の魔術学院に進学。 しかしそこは「組織」と癒着しており、アンスと共に体を改変されて強大な魔術を宿す。 彼自身知らないことだが、魔法の始祖たる二大古代人の末裔。

ロメオ=
エピヘリオス
ロメオ
かつて「組織」に所属するアサシンだったが、家族を組織に殺されたことで逃亡、それ以後流浪の身となる。 3人での旅のうち、リヒトを狙うのは「組織」であると気づき一人潜入作戦を決行。しかし、かつての後輩に破れ敗走を強いられてしまう。



ベルヴァ=
グリダレルナ
ベル
ベル。母の遺言を伝えるため、かつて獣人最強と謳われた父親を探している。 ロメオの考えた潜入作戦内の拳闘大会後組織にて父親と遭遇、しかし言葉も拳も届かせることが出来ず、リノスの放った魔法に巻き込まれる。



アンソレイエ=
アインウントツヴァンツィヒアインス
アンス
アンス。リヒトと共に「組織」に捕らえられていた少女。リヒトとは別の、二代古代人の末裔。 彼女は一族の長から自らの役割を小さな頃から民話のように伝えられていた。 自らの使命を知らないリヒトを励まし、支え、共に戦うこととなる。





リノス
 

リノス
リヒトとアンスの能力を利用して改良版古代魔法で作られた人工精霊。 人間の命をマナに変えてこの星を救おうとする研究者によって生み出された。 リノス自身に悪意はなく、親たる研究者の命令に従う。しかし、リヒトとアンソレイエのデータが混入しているためか感情が芽生え始めている。

セレネンティア=
プシュケセア
セレネ
セレネ。ロメオの亡くなった妻の妹。 魔法学研究員として「組織」で働いている。 ロメオの過去を知っている人物。 姉が亡くなったのはロメオのせいだと彼を恨んでいる。 リノスを生み出す研究に参加していたが、研究所長のやり方に疑念を抱いている。

レヴェオネ=
インペリオロ
レヴェオネ
「組織」潜入計画の為に参加した拳闘大会で、ベルヴァが決勝戦で戦った獅子の獣人。 ベルヴァが探している父親とかつて一度戦ったことがある。 獅子の獣人は氣を炎の形に練り上げて戦う。その一撃の重さは獣人族の中で最強を誇る。


ゼロテピュア=
エリュメラクス
ゼロ
ゼロ。「組織」に所属するアサシンで、ロメオの後輩。かつては共に仕事をしたこともある。 盲目的にロメオを崇拝しており、潜入した「組織」内で遭遇するとロメオが戻ってきたと喜ぶ。 しかしそうでないと分かると狂気し、力尽くでも連れ戻そうと襲いかかってくる。

試聴動画

工事中 Under Construction

スタッフ

All Compose,Arrange,Lyrics,Original bill
  聖 明人

Story construction
  薫、紫奈

Vocal
  Tr,1:iRo  Tr,6:海藍緑坂亜綾(from Matrica)

Illusts
  daigoman(from SURPRISE PARTY)

バナー

リンクはフリーですが、ご一報いただければ嬉しくて歌いだします! ララ〜>(n‘∀‘)η〜♪

SSTバナーハーフ SSTバナー小
SSTバナー大